2016年12月05日

C#の予約語一覧

MSDNでは「予約語」ではなく「キーワード」という語を使っていました。「キーワードは、定義済みの予約されている識別子であり、コンパイラに対して特別な意味を持ちます。」とありましたが、どちらもほとんど同じ意味です。

MSDNでは以下のページにあります。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/x53a06bb.aspx

使ったことがないモノがあるかもしれませんが、知らなくて良いモノは一つもないぐらいどれも重要なものです。 C#の文法を一通り抑えてあるのなら一通り目を通して確認してみましょう。

翻訳がオカシイ
機械翻訳の限界なんでしょうか、何か所か予約語まで翻訳されていました。(fixed → 固定、await → 待機します。)
これで誤解する人もいないでしょうが、間違っちゃいかん資料で間違っているのと、誤訳を簡単にフィードバックする仕掛けがないってのがイマイチだ。

@プリフィックス
@(半角のアットマーク)を最初に付けるとコンパイラは予約語ではないと解釈します。なので@intなんて名前の変数名も使うことができます。
新しい予約語が追加された場合や、他言語ライブラリへの参照などを想定している機能です。難読化にも使ったりします。

コンテキスト キーワード
特定の箇所でのみ予約語のような扱いになるもの。これも言語仕様の拡張による新しい予約語が追加された場合に既存のコードで同じ単語が使われていてもエラーとならないようにするためです。
posted by RR at 00:40 | Comment(0) | 規約・参考サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

Visual Studio Codeの最新版は1.8まで進んでました。

Visual Studio Codeのポータルはこちら。

https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/code-vs.aspx

あらゆるOS、言語で動く
最新テクノロジーへの豊富なサポート
あなた好みのエディタに進化

だそうで、今春に新しくVisual Studioファミリーに追加されました。

無料です。

登場以降、毎月のように機能追加や不具合対応がなされて、いつの間にやら1.8版まで進んでました。

改版履歴はこちらで確かめられます。今回追加された機能についての紹介もあります。

https://code.visualstudio.com/updates/v1_8

C#でWeb系の開発がメインの方はお試しの価値ありそうですね。

posted by RR at 21:30 | Comment(0) | 開発環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする