2016年07月05日

「Visual Studio Code 1.2」 が リリースされてました。

こちらがVisual Studio Codeのポータル
https://www.visualstudio.com/ja-jp/products/code-vs.aspx

「モダンなWebアプリケーションやクラウドアプリケーションをビルドおよびデバッグするための定義を見直し、最適化されたコード編集機能。Visual Studio Codeは、Linux、OS X、およびWindowsのお好きなプラットフォームで無料で利用できます。」

ヒドイ機械翻訳だ。初版の1.0がリリースされたのも今春でしたが、毎月新しくなってる感じです。出始めだからでしょうか。

Windows以外の環境で開発されている方は結構これに乗り換え始めているようです。

・Mac・Windows・Linuxで使える
・30種類の開発言語に対応
・最新のWeb開発環境(ASP.NET5やNode.js)
・軽量
・編集時のインテリセンスが秀逸
・デバッグ機能が充実
・Gitをサポート
・数千の拡張機能でカスタマイズ可能

なんて特徴だそうです。
posted by RR at 00:41 | Comment(0) | 開発環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする